<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

スタッフ募集のお知らせ

こんにちは。佐藤です。

期間限定ルルルスタッフ募集のお知らせです!

8月1日から31日まで、ルルルで一緒に働いてくれるスタッフを募集します。
接客、レジ打ちなどが主な仕事になりますので、
販売経験のある方大歓迎です^^

ルルルのスタッフは、ブログを見てもわかるとおり、
個性的で楽しいメンバーが集まっています。
一緒に働いていてとても楽しいです!

「ルルル~、と軽やかに唄っているようなちょっとゆるくて、かわいい新潟らしいお店。」
というショップのコンセプトにもピッタリの雰囲気の職場です。
ぜひ一緒に楽しいお店を作りましょう^^


ご希望の方は、【お名前、連絡先、簡単なプロフィール】などを書いて
hickory03travelers (担当:小出)までお問い合わせください!
mail@h03tr.com



8月は、サザエさん展が終わり、山口晃展が始まっています。
山口晃さんが好きな方!
アートが好きな方!
是非ご連絡ください^^

それではお待ちしております◎
[PR]
by lululu-niigata | 2013-06-28 10:18 | お知らせ

部活の時間

こんにちは。佐藤です。

今日も快晴でしたね!
先日のブログで阿部さんと関さんがルルル凧部の話をしていましたが、
今日なんかは天気が良くて気持ちよさそうですね~

これから凧部はどうなるのか。
部員が増えるのか。
今後の活動が気になります。
他にもルルルに部活が増えたら面白そうですね。

部活といえば!
先週の日曜日は二葉中学の吹奏楽部が
美術館前で演奏をしてくれましたよ。
c0289939_1641444.jpg


演奏を聴きにたくさんお客さんが集まっていたり、
館内にもサザエさんの曲が聞こえてきたりして楽しい時間でした^^

私も小学校から高校まで吹奏楽部だったので、
すごくなつかしかったです。

中学生がみんなで一生懸命演奏している姿は
なんだか感動しますね。すごく元気をもらいました^^
今週29日土曜日も演奏をしてくれるそうですよ。
午後3時半~4時ころの予定です。

演奏を聴きながら、吹奏楽部の頃をいろいろ思い出したので
今日は吹奏楽部におすすめのグッズをご紹介します!

まずはこちら。エースペグ。
c0289939_16432625.jpg

アルファベットのAのような形のクリップです。
屋外で演奏するときは風で楽譜がとばされてしまうので
洗濯バサミやクリップが絶対必要!なのです。
吹奏楽部の隠れた必須アイテムです。
5個入り ¥609

お次はヒッコリーデザインの手ぬぐいと、手ぬぐいハンカチ。
c0289939_16445411.jpg


c0289939_16452440.jpg


管楽器は中に水がたまるので、水抜きに。
暑い時の練習では首に巻いて汗ふきに。
可愛いデザインで楽しく演奏ができるかもしれませんね。

手ぬぐいは水原の藤岡染工場さんで作っていただいているものと、
美術館の近くの寺嶋旗幕染工場さんで作っていただいるものがありますよ。

こんなシブい素敵なデザインのものもあります。
c0289939_1646191.jpg


昭和のデザインがかっこいいです。
男子吹奏楽部のみなさん、いかがですか?
手ぬぐい¥1050~、手ぬぐいハンカチ¥630~


最後はこちら。
楽器のイラストが可愛いラウドメモ。
c0289939_16491942.jpg

ちょっと変わった形の付箋です。

指揮者の先生の指示を書き込んで使うのはもちろん、
大会前に部員同士でメッセージを書き合って本番に臨んでもいいですね。
1個¥399



以上、吹奏楽部におすすめのグッズでした!
もちろん、吹奏楽部以外の方もいろんな楽しみ方ができますので
ぜひお店でお手にとって商品をご覧下さいね^^

サザエさん展は7月15日まで!
ぜひ遊びにいらしてください~◎
[PR]
by lululu-niigata | 2013-06-27 17:40 | 日々のルルル

てるてる坊主とルルル凧

こんにちは、晴れ女の阿部です。

遠足、ピクニック、花火大会、運動会。
外で何かを楽しむ予定がある時は、やはり当日晴れる事を願いますよね。
そんな時に口ずさみたくなる童謡といえば...

「てるてる坊主 てる坊主 明日天気にしておくれ 
 いつかの夢の 空のよに 晴れたら金の鈴あげよ 」

私は小さい頃雨女だったので、行事がある度にてるてる坊主を作ってました。
ガチャガチャのカプセルをティッシュで包んだりしてね。
マジックで「へのへのもへじ」と書いて、ベランダにぶら下げてました。
当時の記憶をふと思い出させてくれた、こちらの商品。
c0289939_19262262.jpg
京東都さんの「てるてる五兄弟」893円

京東都(きょうとうと)さんは、日本の伝統「京都」と日本の今「東京」をかけあわせた
京都発、東京経由~世界行きの刺繍ブランドです。

真っ赤な糸で可愛らしく「へのへのもへじ」と刺繍された、てるてる坊主。
首元には童謡の歌詞に登場する、金の鈴が付いてますよ。
窓辺に吊るすのはもちろん、キーホルダーとして鞄に付けても良いですね。

てるてる五兄弟は長男、次男、三男、四男、五男、それぞれ顔が違います。
ルルルでは兄弟を代表して「長男」がお店に並んでますよ。(弟達の入荷は未定)
正統派の長男は生真面目で頑固という設定。兄弟によって性格も違う、面白い商品です。
梅雨の季節にはピッタリ♪ あっ、雨が降って欲しい時は顔を逆さに吊るしましょうね。

ところでみなさん、ルルルのショップバックは見た事ありますか?スタッフの関さんが以前書いた
ルルルのマークのひみつ」の記事でチラっと写っていますが、本日は両面お見せします。
c0289939_20354474.jpg
ルルルのシンボルマークが裏と表にプリントされた、オリジナルの袋。
友達に本を返す時に使ったり、雨の日に持ち歩いてもかわいいですね。

袋だけでも欲しいと思った方!残念ながらタダでお渡しする事はできません。
お店は美術館のエントランスホールにあるので無料で入れます!ぜひお気軽にお越しください。
お買い物を楽しんだ後、このショップバックに入れてお渡しします♪
(ただし、お菓子などの大きい商品はこの袋には入りません。文具などの小さい商品は小さい袋にお入れします。当店では商品のサイズに合わせて袋詰めを行っております、予めご了承下さい。)

袋狙いの方にオススメしたい商品は、なんといっても
「サザエさんの第一巻復刻版(箱あり)」1800円 (販売は終了しました)
c0289939_10404883.jpg
サザエさんのイラストを金色で箔押し印刷した、新潟市美術館限定の特製ボックスです!!
詳しい内容は新潟市美術館のブログ、「幻のサザエさん復刻の話」の記事で紹介されています。
他にも書籍、古本、ヒッコリーのTシャツは袋のサイズにピッタリな商品。オススメです!

「あ〜あ、せっかくのかわいい袋がボロボロになってきた。捨てるのはもったいない...。」
という方に朗報!本日はポリ袋を再利用する方法も紹介します。
お気に入りのショップバックを、思い切って凧に作り変えてみるのはいかかでしょうか?
実は先日、スタッフの関さんとルルル凧部を発足しました。
きっかけは、関さんに尋ねたひとつの質問。

私「関さん、凧揚げがしたいんですけど、どこで凧が買えるか知ってますか?」
関さん「えっ?凧ですか!」

関さんの目はキラキラしてました。関さんも前から凧揚げがしたかったらしく、すぐに意気投合。
凧を買う事しか頭に無かった私に、凧作りを提案してくれました。今回参考にしたのは
凧ー手作りの魅力」という、凧作りに関するいろいろな情報を発信しているサイトです。

関さんと私の記念すべき初凧作りは、ポリ袋で作る「ぐにゃぐにゃ凧」に決定!
c0289939_2213376.jpg
まずは使用済のルルル袋を手持ちの穴に合わせて、左右カット。底の部分もカットします。
右側の大きい部分は本体。左側の小さい部分は凧の下に付ける、しっぽとして使います。
ちなみにしっぽが無いと凧は不安定になり、揚げた時にグルグル回転してしまうらしいです。
モヤモヤさま〜ず2で紹介してました。
c0289939_2383812.jpg
次は筒状になっている本体としっぽに切れ目をいれて、広げます。
緑色をメインに出すか、それとも土色をメインにするかで印象が違いますね。
c0289939_23185876.jpg
図面の比率を参考にしながら、両端をカット。

次は竹ひごと凧糸を付けるのですがそんな材料、ミュージアムショップにはありません!
材料を揃えてから、後日完成させることになりました。

てるてる坊主に晴天を願っていると...
c0289939_23344612.jpg
さすが私、晴れ女。てるてる坊主(長男)!ご覧下さい、ルルル凧部の活動日は見事な晴れです!
あまりにも良い天気なので、凧揚げ前にメディアシップの展望フロアに行ってきました。
佐渡、粟島、角田山、弥彦山。どれもくっきりハッキリ美しい。

果たしてルルル凧は、無事空に揚がるのでしょうか?
つづく!
[PR]
by lululu-niigata | 2013-06-26 11:30 | 日々のルルル

ルルルの歓迎会と黒板

みなさん、こんにちは!
いつもより元気な関です!!
やる気が溢れてます!!!


なぜなら…



c0289939_9355445.jpg




月曜日にルルルの歓迎会が開催されたのです!
嬉しい!ありがとうございます。
東堀にある、みやこやさんが会場。
焼き鳥、枝豆、ビール、美味しかったな〜
6時を過ぎてもまだまだ明るい!早い時間からワイワイ楽しくやっていました^^

たくさん飲んで食べてパワーアップです。
皆、もっと楽しんでもらえるお店にしようと決意!
気軽にふらっと立ち寄れる、何か楽しいもの、こと、にあふれるお店にしたいな〜と思っています!



さて、オープンしてもう2ヶ月。まだ2ヶ月?
お店を知ってもらおうとこんなものができました↓↓


c0289939_952176.jpg


日々のオススメを書く黒板です〜
こちら日替わりでスタッフ皆で書いています。

c0289939_9533665.jpg

こちらは阿部さん。散歩好きな阿部さんです。
余談ですが、最近阿部さんと一緒にルルル凧部を初めました。
詳しいお話は次回…


c0289939_9562158.jpg


c0289939_1015611.jpg


こちらは佐藤さん。さらりと書くお花やニコニコの顔が可愛いのです。
佐藤さんのメモのはじっこに良くイラストが書かれてます。
それも可愛くって、ちょっと楽しみにしている私です。



c0289939_103712.jpg

これは私、関です。
筆圧は弱めなのが特徴。



c0289939_1034966.jpg

こちらは野中さん。
さらさらと書き上げ、なんだかオシャレ!
横にすると印象も変わりますね。私も次は横にして書こうっと。



こんな感じで、色々と発信しています。
ルルルは入場料は不要ですよ。新潟市美術館の入口すぐにあります。
ミュージアムショップ?お土産屋さん?
近所の何か面白いものある店、くらいの気軽な感じと思ってくださいね〜^^



新潟市美術館、次回の展示も決まっております↓
c0289939_10104231.jpg


これは楽しみ!
前売り券も発売されてますよ。
入口入ってすぐの受付でお買い求めください!


では、また〜
[PR]
by lululu-niigata | 2013-06-25 09:32 | 日々のルルル

銭湯に行こう!

こんにちは。佐藤です。
みなさん、お元気ですか?

私は先週から腰を痛めて動けなくなったり、風邪をひいたりと
なんだか体調が悪いです^^;
健康って大事ですね。

体を冷やすのが良くない、という話を聞いたので
今日は銭湯に行ってこようと思います。

久しぶりにゆっくり体を温めてきます。


実は私、去年開催された「水と土の芸術祭」の市民プロジェクトで
新潟島の銭湯めぐりをしたことがありまして。

おばあちゃんたちとお話したりしながら楽しく銭湯を巡って来ました^^
銭湯ブログもあるので良かったらご覧ください~

久しぶりに銭湯に行けるので楽しみです。
今日行くのは上古町にある菊の湯さん。
昔の趣きのある良い感じの銭湯です。
c0289939_16542339.jpg


と思ったのですが、金曜日は菊の湯さんが定休日でした・・・

変更して、近くのいずみ湯さんに。
c0289939_1657957.jpg


こちらも昔ながらのお風呂屋さんです。
のれんが涼しげですね~

仕事が終わったら行ってきます^^


今日はスタッフの阿部さんと渡辺さんと一緒に
ルルルの商品で銭湯おすすめグッズを集めてみましたよ。

c0289939_1634542.jpg


ルルルの手ぬぐいと、新商品のルルルうちわは
湯上りに嬉しいアイテムです。。
手ぬぐい¥1050、うちわ¥840です。

髪の長い方はヒッコリーのヘアゴムで髪をまとめてから入りましょう◎
¥525~

お風呂から上がったらyaetocoの化粧水と乳液でスキンケアもお忘れなく。
愛媛の無茶々園さんで大切に育てられた柑橘(甘夏/伊予柑)の
蒸留水と精油で作った化粧水・乳液です。
柑橘の他に、真珠パウダーも入っているので
エイジングケアや、ボディローションとしてご使用ください^^
家族みんなでお使いいただけますよ◎

化粧水¥2625、乳液¥2940


そしてこの銭湯グッズをまとめてくれているのは
サザエさん風呂敷です!
もう一回り小さい緑色のものもありますが、
今回使っているのはあずき色の大きいサイズです。
こまごまとしたものもこれひとつでさっとまとめられますよ。

全て持つとこんなかんじになりますね。
c0289939_16355824.jpg



写真を撮っていたら、警備員さんに祭り行くの?と声をかけられる
c0289939_1734284.jpg


みなさんもルルルで銭湯グッズをそろえて
銭湯めぐりをしてみてはいかがでしょうか^^

おすすめの銭湯があったら教えて下さい!
あと、おすすめの整体もあったら教えて下さい!

佐藤でした♨
[PR]
by lululu-niigata | 2013-06-21 17:00 | 日々のルルル

北方文化博物館・新潟分館とルルルうちわ

こんにちは、散策好きの阿部です。

新潟市美術館までの交通手段といえば、徒歩、車、自転車、バスなど色々ありますね。
私は環境に優しいエコドライバーを目指しているので、電車とバスで通っています。
(本当はただのペーパードライバーです)

雨の日はなるべく歩かない最短コースを選びますが、天気が良い日はわざと遠回りして
ドッペリ坂、白壁通り、地獄極楽小路、西大畑公園を通りながら美術館に行くのが好きです。
西大畑には古い建物や素敵な通りが沢山!ぶらぶら歩くだけでも楽しいエリアですよ。
なかでも、私はこのレンガ塀に魅かれました。
c0289939_22212761.jpg
北方文化博物館・新潟分館の前を歩くと見える塀で、大正4年に建てられたもの。
もうすぐ100年経つレンガ塀は、今見てもおしゃれですね。
中にある日本家屋はもっと古く、築118年。
明治28年(1895年)に建築され、現在は北方文化博物館・新潟分館として公開されています。

『北方文化博物館・新潟分館』
開館時間 9:30~17:00
休館日 月曜、年末、1月、2月 (月曜が祝日の場合は開館、翌日休館)
料金 大人450円、子供200円(小・中学生は日曜、祝日は入場無料)
c0289939_2353972.jpg
私は古い建物が好きなので、中に入った瞬間、気に入ってしまいました。
座敷から見える美しい庭園は、雪駄を履いて歩く事ができます。
c0289939_23399100.jpg
足袋靴下を履いて行くと、楽ちんですよ。
c0289939_2342382.jpg
水の流れを石で表した、京風枯山水の庭園。
最近、石を1つ1つ手洗いして並べなおしたそう。
流水の強弱に合わせて、石の大きさを変えている事に注目!圧巻の表現力です。

敷地内には東洋美術史学者、書家、歌人として活躍した曾津八一が晩年を過ごした洋館があり、
庭にはの歌碑が建っています。

「かすみたつ はまのまさこを ふみさくみ
 かゆき かくゆき おもひそわかする」

雅子さんという女性に向けた、恋の歌だと思っていたら全然違いました。
「はまのまさこ」は漢字で書くと「浜の真砂」

正しい歌の意味は
「春霞の立つ 浜辺の砂をふみつけて
 行きつ戻りつつしながら、深い思いにふけっている」

新潟の海を想像しながら読み直すと、心に響きました。
會津八一の事をもっと知りたい!なぜ八一は八一と言う名前なの?
と疑問に思い調べてみると、意外な理由が!
八一は1881年8月1日に生まれていた。語呂が良すぎてシャレてます。
(會津八一は、新潟県民にはおなじみの地方新聞「新潟日報」の題字を書いた人物です。
新聞を見るとロゴの下に彼の名前が載ってます)
c0289939_0382086.jpg
八一が名付けた二階の座敷「潮音堂」
この辺りが今よりも閑静だった昔は、時々日本海の波の音が聞こえていたそう。素敵ですね。
二階の窓からは、お庭が一望出来ます。
c0289939_0521180.jpg
苔や葉の緑、石がツヤツヤ光る、雨の日に訪れるのも良いですよ。
北方文化博物館・新潟分館は美術館からも近いので、オススメの寄り道スポットです。

暑い日は、うちわ片手に縁側でぼんやり。最高に気持ち良いだろうなぁ。
ミュージアムショップの商品にうちわがあれば良いのに...。

そう思っていたら、小出店長がうちわを持ってきました!! ナイスタイミングです!
c0289939_1443388.jpg
じゃ〜ん!

新商品「ルルルうちわ」840円
竹骨で出来た、渋くてかわいいうちわです。
表面にはオリジナルの染てぬぐいを、裏面には白い紙を貼付けました。
柄の出方はひとつひとつ違います。好みの柄を見つけるのも楽しみのひとつです。

お店には同じ柄のてぬぐい、ハンカチもありますよ。夏にピッタリの商品です♪
みなさまのご来店、お待ちしております。
[PR]
by lululu-niigata | 2013-06-20 10:00 | 日々のルルル

夏らしいアイテム入荷してます!

こんにちは〜
連休を頂いて実家に帰ってのんびりリフレッシュしてきました関です。

私の出身は魚沼で、超〜のどかな田舎なんです。
山も近いし川もあって、有名なのは魚沼産コシヒカリ!食べ物が美味しくて困りますね〜
今回も食べ過ぎて帰ってきました。


見てください、コレ↓↓
c0289939_1235235.jpg


サザエさん指人形!!!


実家の茶の間にいました!
我が家では照明の紐に付けて使っているのです!
以前そんな事をブログに書いたけど、ウソじゃないんです〜

もう馴染み過ぎて誰もツッコミません…
サザエさん、さすがですね〜




久々にルルルでのお仕事!
とっても素敵な夏らしいアイテムが登場です!
c0289939_12402966.jpg


千葉県九十九里町で作られているスガハラのガラスアイテムの入荷です!

c0289939_1242262.jpg

こちらは2色展開 ¥1575

とーってもキレイで、見とれてしまう程!
スガハラさん、一点一点丁寧に職人さんによって手作りされています。


“灼熱の液体であるガラスは最も美しくなる瞬間があり、その一瞬を逃がさずに捉えカタチにする”
“ガラスは生きている”
“ガラスと会話する”

ホームページではこんな表現が出てきました。
職人さんの真面目さ、向き合い方がとっても素敵ですね〜


c0289939_1251415.jpg

写真左:フロー タンブラー¥1680
流れるような曲線がすっきりと、でもどこか懐かしい雰囲気もします。
口当たりも良さそう。

写真右:アルコ グラスボウル ¥1680
こちらはスガハラの中でも人気のシリーズ。
食器としても、花器としても使えます。涼しげな印象でこれからの季節にぴったり。


c0289939_13152114.jpg

こちらは豹柄をモチーフにしたサバンナシリーズ。
私はこれが1番お気に入り!
とろけそうな模様を見ていると、ガラスって液体なんだ、と改めて感じます。
ころんとして、柔らかい雰囲気ですが淵の部分は薄く飲みごこちも考えられていますよ。
左側のマグカップ¥2835 右側のグラス¥2100



c0289939_1328922.jpg

なんだか吸い込まれそうです。
きれいだな〜って、うっとり眺めて時間がたっちゃいそう。

c0289939_1331538.jpg

sghrのロゴもかっこいいです!
このロゴ、見た事ある方も多いかも。結婚式の引出物なんかでも人気のようです。



今日は久々に雨ですね。
美術館も午前中はゆったりとした雰囲気でした。

この梅雨を過ぎれば夏はもうすぐ!
涼しげなガラスアイテムで食卓の模様替えも良いですね◎
みなさんもうっとり、眺めてくださいね〜^^
[PR]
by lululu-niigata | 2013-06-18 13:41 | 日々のルルル

ヒッコリーとルルル♪(一箱古本市in現代市)

こんにちは!
スタッフのワタナベです(^-^)


ここのところ夏のような暑さですね...
夏が苦手な私はもうすでにバテぎみです(>_<)


美術館そして周辺には公園もあり木々も多いので、木陰などで涼むのもオススメです!

梅雨はぼちぼち??




さて、題名にもある『ヒッコリーとルルル』なのですが、6月9日(日)に学校町通りの現代市(いまいち)で行われた一箱古本市にお店が参加したときの名前です!



【一箱古本市】とは、「みかん箱一箱まで」を制限に素人からプロまでが同列に古本を販売するフリーマーケット型の古本市のことで、全国で開催されています。(新潟でブックイベントや古本市を主催しているニイガタブックライトでは、両手で持てる大きさまでなんだそう)


この一箱古本市、新潟での開催(ニイガタブックライト主催)は今回で5回目なんですよ。


1回目が、2011年6月に現代市で行われ、2回目は10月にオギノ通り、3回目は2012年6月の現代市、4回目が万代島旧水揚場でした。


私は2回目、4回目と今回見に行きました(^-^)
どの回もたくさんの素敵な本やグッズなどに出会えたし、店主さんとのおしゃべりもとても楽しかったです♪



今回、現代市は初めてまわったのですがまず...長い!!(笑)というのが第一印象。遠くまでお店がずらーっと!


学校町通り600メートルを通行止めにして行われていて、一箱古本市はその中心付近にある天神様(菅原神社)近辺80メートル位に並んでいるとのこと。


一箱古本市だけで、約70ものお店がならんでいたそうです!

c0289939_2191221.jpg




今回は時間がなくて駆け足で一部しかみることができなかったのが残念でしたが、友人が出店しているお店を覗いたり色々な方にお会いすることができ楽しかったです。



写真はほとんどとれず...

まず、『ヒッコリーとルルル』

c0289939_1730299.jpg

こんな感じで出店!

c0289939_1731616.jpg

ヒッコリーの小出さん(ルルル店長)がルルルTシャツを着て参加!


場所は神社向かって左辺り。確かかわいい水色の車の近く。

本もルルルにあるオススメ本や、ヒッコリーメンバーの本など多数ありました!


最終的に売り上げは、全体の4位か5位あたりだったそうです!←実は、計算方法が違っていたらしく「実際はもっと上位だったかも!」なのだとか(^-^)


今回は一箱古本市の創始者の南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)さん、ブックディレクターの幅さんも出店されたり、ヒッコリーで前夜祭、ナンダロウさんの秘蔵本も展示などなど...盛りだくさんだったようです!!


わたしもそうなんですが、周りでも本をまた読みたいと思った人や次回出店してみたいと思ったひと続出でした!

次回の一箱古本市も注目です!


そしてルルルには、真昼造船さんとフィッシュオンさんセレクトの古本を置いています(^-^)

ぜひぜひこちらもご覧ください♪
[PR]
by lululu-niigata | 2013-06-14 16:00 | 日々のルルル

季刊リトケイと日本海

こんにちは、散歩好きの阿部です。

新潟市美術館のある西大畑町。
地図で場所を確認すると、海の近さに驚かされます。

いったい、どの位歩くと海が見えるのでしょうか。行ってみましょう!
まずは美術館から海の方向へ。道なりにまっすぐ歩くと見えてくるのが、この階段。
木製の古い電柱が残っていて、とても魅力的な小道です。
c0289939_17383416.jpg
ご覧の通り、車は通れません。自転車の場合でも通れないって?
近所に住む少年を見ていたら、坂道のふもとに自転車を止め、歩いて階段を登っていました。
なるほどね!ちなみに平野育ちの私は、こういう坂道や階段を見るとワクワクします。

さて、丘の上に登ると景色はガラリと変わります。
美術館よりも高い位置に居る事が確認できて、家々の屋根が上から見渡せますよ。
(凹凸地形が好きな方は必見!この辺りは東京スリバチ学会が認めた一級スリバチです)
キョロキョロしながら海を目指していると、あっという間に到着。
c0289939_17391444.jpg
海です!日本海です!
美術館から海までは、歩いて約8分。思ったよりも近いのです。
みなさんランニングをしたり、読書をしたり。思い思いの時間を過ごしています。
c0289939_17395766.jpg
少し歩くと見えてくるのが螺旋状の塔。高さ9メートルの日和山展望台です。
市街を一望できて、天気の良い日は佐渡と粟島を望む事が出来ます。

海を見ながら、島を思いながら、読んでもらいたい新聞が当店にはあるんですよ。
その名も「季刊リトケイ」150円
c0289939_17403542.jpg
離島経済新聞社が3ヶ月に一度発行している、離島専門誌です。
日本には本土5島(北海道、本州、四国、九州、沖縄本島)を含めると6852の島があると言わており、季刊リトケイでは本土を除いた約430の有人離島を紹介しています。
島のいいところや大変なところ(医療、教育、交通)など、毎号リアルな情報が満載です!
私は特にギーハイ(=義配)という、おすそわけ文化に驚きました。

記事を抜粋し、紹介させていただきます。
「漁師は新鮮な魚を、農家は収穫したお米や野菜を、集落の大切な人たちへ配るという日常風景が島には根付いています。家の玄関には鍵がかかっていないので、いつのまにか冷蔵庫の中に魚が入っていたりすることがよくあり、泥棒はおらず逆に新鮮な食材が増えていきます(笑)」
どうです?島民同士の深い繋がりを感じさせる、暖かいエピソードですね。

リトケイは紙面のデザインも凝っているので、ページをめくるのが楽しいです。
たとえばコチラ↓
c0289939_19435459.jpg
「俺の船、私の船、21選」
季刊リトケイ01号、見開きページに掲載されています。
お部屋に飾るだけでもカッコイイし、手紙を書く時に封筒として使ったら素敵ですね。

続いてコチラ↓
c0289939_18134026.jpg
「図解 島踊り五選」
季刊リトケイ04号、見開きページに掲載されています。
これはインパクトが強くて見た瞬間にやられました…。ずっと眺めていても飽きない可愛さです。
佐渡おけさも紹介されてますし、大分県姫島のキツネ踊り(姫島盆踊り)も気になります。

その他にも島にまつわる小さなコーナーがあり、名前も面白いですよ。
島田書店、島Tunes、シマ☆シネマ、しまめし、などなど。
特に私が気に入っているのが「アニサキスのさばき方」というコーナー!
名前を聞いてピンと来る方もいると思いますが、アニサキスとは新鮮な魚に潜む怖〜い寄生虫です。このコーナーでは海産物にあたらない心得を貴重な体験談とともに面白おかしく紹介しています。写真も紹介したいところですが、イラストがキモかわいい為掲載は控えさせていただきます。

リトケイ、もしくはアニサキスの絵が気になった方は、ぜひお店に遊びに来てくださいね♪
ルルルでは00号から04号までのリトケイを販売しております。
サンプルの用意もございますので、どうぞ紙面を広げてご覧ください。オススメです!

では、また。
[PR]
by lululu-niigata | 2013-06-12 10:00 | 日々のルルル

ぎやまん??

こんにちは〜
スタッフ関です。
最近は今日も暑いですね、が口ぐせです。

本日は保育園の子供たち、中学生の美術部の皆さん、遠方からの団体の方など朝からワイワイ楽しそうでした^^
幼稚園のちびっこ達のお揃いの麦わら帽子が可愛かったな〜


連日の晴天で、萬代橋から見える夕日がとてもキレイです。
昨日は真っ赤に染まっててそれはそれはキレイでした〜


ルルルにも、萬代橋あります。
これです↓↓

c0289939_1559363.jpg

萬代橋おじいさんTシャツとお茶缶。
ゆる〜いイラストと爽やかな水色が今日の気分にピッタリなので紹介しました。




さて最近のルルル、陶器類が増えましたよ◎

c0289939_1343166.jpg


マグカップ、箸置き、すり鉢や調味料瓶などなど…
思わず手に取ってみたくなる素敵な器達です。



そんな中でも私のイチオシがコチラ↓↓

c0289939_13464577.jpg

ぎやまんシリーズ


うーん、なんとも素敵!
雰囲気がとっても良いですね!
しかし、ぎやまんとは…??


「ぎやまん」とは江戸時代か明治初期に使われていたガラスを意味する外来語です。
こちらのシリーズはぎやまん陶というもので、ガラスのような透明感と漆器のような深みある色合いを、やきもので表現しています。
美濃焼の窯元、小兵さんというところの物。こちらの窯元、創業は大正10年でとても歴史があるんですよ!

c0289939_1485129.jpg


光沢感と表面の透明感と細いラインが何とも言えない独特な良い雰囲気ですね。
箸置き525円、カップ&ソーサーがセットで2730円です。
ソーサーはお皿としても使えます。


c0289939_14131531.jpg

こうして見ると、菊の模様みたい。ずっと見てるとブラウンの色はなんだか美味しそうに見えて不思議です。

c0289939_15463551.jpg

こちらは茄子紺。日本伝統の色ですが白いラインが良く映えてモダンな感じもしますね。



ルルルには、ずっと大切に使いたくなるような素敵な器が仲間入りしました!

私は日曜日までヒッコリーの二階で開催されていた益子焼展で素敵な器を手に入れたばかり。
毎日眺めてはうっとりしてます。この器に合う料理は何かな?と、妄想してます。
(自慢したいので)器を使ったら紹介しますね!


お気に入りの食器を使うと毎日の食卓が今までよりも楽しくなりますよ〜
皆様もぜひ^^
[PR]
by lululu-niigata | 2013-06-11 16:12 | 日々のルルル


2015年7月19日リニューアルオープン!! 新潟市美術館のミュージアムショップです。


by lululu-niigata

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のルルル
企画展情報
お知らせ
■店舗情報・アクセス

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月

メモ帳

2013年4月27日、新潟市美術館に念願のミュージアムショップがオープンしました。名前は「ルルル」。
hickory03travelersがデザインと企画運営をしています。
ルルル~、と軽やかに唄っているようなちょっとゆるくて、かわいい新潟らしいお店。ぜひ一緒に美術館で楽しみましょう!

新潟市美術館
ミュージアムショップ ルルル

メールアドレス
lululu@h03tr.com

ホームページ
http://kokagedelululu.com/

Facebook
https://www.facebook.com/lululu.niigata

Twitter
https://twitter.com/lululu_niigata

instagram @museumshop_lululu

オンラインショップ
http://lululu.thebase.in

ルルルスタッフおすすめ!
新潟島お散歩マップ
http://lululumap.exblog.jp

デザイン+企画+運営
hickory03travelers

■お問合せ■
新潟市美術館ミュージアムショップ ルルル
担当:阿部
TEL:070-6670-9334
MAIL:lululu@h03tr.com

事務所:hickory03travelers
TEL : 025-201-8427
MAIL : mail@h03tr.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
hickory03travelersの
ホームページはこちら
http://www.h03tr.com/

ブログはこちら
http://h03tr.exblog.jp/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

画像一覧

その他のジャンル

ルルルのつぶやき