<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ヒッコリー2階イベントのお知らせ

こんにちは、佐藤です。^^
今日はヒッコリーのイベントのご案内です!

10月4日(金)から10月16日(水)まで、ヒッコリーの2階でイベントがあります。
ひとつは「こまものてん」、もうひとつは「G.F.G.S.展 ケイカ」です。
同時に2つの展示会が開催されますよ!◎

まずは「こまものてん」からご紹介。
c0289939_1847492.jpg

c0289939_18475783.jpg
小出小百合さんのアクセサリーはルルルでも販売しています。
以前ブログで紹介した「猫とキノコとルルルのアクセサリー」もぜひご覧ください。
この夏はルルルマークのアクセサリーが大人気でした!
c0289939_18452371.jpg
こちらは真鍮で出来た猫のピンバッジ。
「こまものてん」ではどんな作品がお披露目されるのでしょうか。楽しみですね。

つづきまして、「G.F.G.S.展 ケイカ」をご紹介。
c0289939_18515395.jpg


c0289939_18525188.jpg


c0289939_1849163.jpg


ルルルでは新色のグリーンのボーダーカットソーを販売していますよ!
ネイビー×グリーン、ナチュラル×グリーンの2種類あります。
以前ブログでも紹介しているのでご覧ください♪

G.F.G.S.さんのホームページはこちら!
私は今年の5月に開催された
「G.F.G.S.展」でライブをさせて頂きまして、
その時にネイビー×グリーンのカットソーを着て演奏させていただきました~
スタッフの間でもかわいい!!と評判の配色です。
オンラインでも販売していますのでチェックしてみてくださいね!!

女性の方だと、普段のサイズの1サイズ下でもちょうどいいと思います。
私は普段女性用Mサイズですが、
G.F.G.S.さんのボーダーカットソーはXSを着たりSサイズを着たりしています。

男性の方はいつものサイズで着ても、
中にシャツなどを着る場合は1サイズ大き目を選んでいただいてもいいと思います◎

おまけのライブの様子。
いいライブだったなぁ~。
c0289939_20371814.jpg




前回の展示会も素敵なカットソーがたくさんでわくわくしましたが、
今回もどんな展示になるのかすごく楽しみです^^

ぜひ見にいらしてください!!
10月4日からのヒッコリー2階での展示、お楽しみに~^^

今後のヒッコリーのイベントはこちらからチェックしてみてくださいね~!

それでは!
[PR]
by lululu-niigata | 2013-09-29 17:33 | お知らせ

掲載情報

こんにちは、阿部です。

ルルルが新潟の情報誌に掲載されました♪
現在発売中の「月刊にいがた10月号」と「Pas magazine10と11月号」です。
c0289939_13593345.jpg
月刊にいがたは44ページ目。ルルルは新潟市中央区エリアの雑貨屋さんコーナーで紹介されてます。
誌面に掲載されている神田亜美さんの「さんかく手ぬぐい(1,260円)」は、持ち歩くのが楽しくなるような色と柄。女性ウケ抜群です!神田さんの手ぬぐいはルルルのオンラインショップでも販売しています。

Pas magazineは92ページ目。Pasが見つけた今月のモノというコーナーで、ルルルのセレクト商品が2つ紹介されてます。掲載商品はハイタイドさんの「傘レター」とyaetocoさんの「家族化粧水と家族乳液」です。

yaetocoさんのパッケージは、ヒッコリーがデザインしたもの。ルルルでは化粧水と乳液の他にも、エッセンシャルオイルや家族入浴料の取り扱いもございます。使用する度に、お部屋にはいい匂が漂います。とても癒されるので、プレゼントにも自分用にもオススメなのです。


新潟にお住まいの方は、ぜひ書店やコンビニでチェックしてみてくださいね。


掲載情報その2!

9月14日付けの新潟日報夕刊で、ルルルを紹介していただきました♪
c0289939_18433215.jpg
「変わる県内ミュージアムショップ」のひとつとして、ルルルの店内写真も載っています。

記事の中で小出店長が「ショップを目的に美術館に来てくれる人もいる。」と話しているのが印象的で、その気持ち分かるなぁと共感しました。私はミュージアムショップが大好きなので、展示よりもお店を楽しみに美術館へ行く事があります。旅行する時なんかは、特にそうです。

そういえば、去年新潟市で開催された水と土の芸術祭2012では、
まずショップが見たくてblue&brownへ行きました。展示は後日!邪道ですみません。
c0289939_6533815.jpg
blue&brownはルルルと同じく、ヒッコリーが企画と運営をしていました。
新潟らしいグッズが沢山あってお土産にピッタリ。じっくり見たくなるような楽しいお店でした。
今思えば、私が行った時に店番をしていたのは迫さん、佐藤さん、ワタナベさん。
お店の外でウロウロしていたのは小出店長!?という記憶があります。あれから一年経って、
今はルルルのスタッフとして私もブログを書いているとは!なんだか不思議な気分です。

ルルルは美術館の展示内容に合わせて、セレクト商品や店内のレイアウトがガラリと変わります。
サザエさん展の時は可愛らしい商品が並び、山口晃展の時はカッコイイ商品が増えました。
これからどんな商品が入荷するのでしょうか?
新しい商品の入荷情報はルルルのFacebookTwitterでも紹介していきます。どうぞお楽しみに♪

「あのミュージアムショップに行くと、なにか面白いモノがあるかも」
新潟市美術館の事もそう思ってくれる人が、増えたら嬉しいです。
ルルルは雑貨屋さんへ行くような感覚でも楽しめます♪ 
ぜひ気軽に遊びに来てくださいね。お待ちしてます^^
[PR]
by lululu-niigata | 2013-09-28 14:59 | お知らせ

凧ブログ!ルルル凧部の活動きろく。

こんにちは〜
関です。

山口晃展も残す所あと3日!!!まだ見ていない方はぜひ〜
そして、グッズ買い忘れた!の方もルルルへぜひ〜
私も買い忘れたものがいくつかあって…
阿部さんのブログでは人気ランキング発表しております。お買い物の参考にどうぞ。


今日は久々の凧部情報です!
火曜日に阿部さんと凧あげしてきましたよ〜
その日、美術館は振替休日。夜はルルルのミーティング。天気も良さそう…
阿部さん(ルルル凧部部長)の一声で久々の活動となりました!

ルルル凧部については、こちらをご覧ください。
活動きろくその1、てるてる坊主とルルル凧
活動きろくその2、組子キットとルルルの凧部

凧部はロケーションにもこだわります。
前回はやすらぎ堤。一緒の場所ではつまらない…なので海からの風を期待して
新潟市歴史博物館みなとぴあ」に向かいます。

歩いてる途中、大掛かりな工事に遭遇。見たことないくらいに巨大です!
c0289939_9401771.jpg

c0289939_9393670.jpg

海から海水と土を引き上げる様子は大迫力です。
c0289939_9412012.jpg

どうやら船の航路拡大工事をしてたようです。看板のペンギンのキャラクターが可愛い〜
工事の詳しい事は分からなかったですが、調べていたらこんな「みなとマップ」なるものを発見。みなとタワー巡りもいいなぁ〜


タイミング良いと佐渡汽船の出航も見れますよ!
この日はおおさど丸だったかな?
c0289939_9485291.jpg



そろそろ目指すみなとぴあに到着する頃、空高くになんだか赤いものがヒラヒラ…
私と阿部さんは「???」気になって忙いで向かいました。
c0289939_952311.jpg

なんと!!!凧揚げ中のおじさまがいました!!!ビックリです。思わず話かけます。
黙って見ている訳にいきません!
c0289939_954172.jpg

c0289939_9534992.jpg
こちら、おじさまの凧コレクション。どれも白根で購入されたそうです。

私たちは大興奮です。
手作りですか?どこで買いましたか?どうやって揚げるんですか?コツは何ですか?
しばし質問攻め。とっても優しいおじさまは、私たちに凧を貸してくれました!
c0289939_10505099.jpg
阿部さんのワンピースと赤い凧が見事なコーディネートです。
そしてこの赤い凧、驚く程に良くあがります。

おじさまに聞いた所、ここみなとぴあ付近が風もあって凧あげポイントにおすすめの様です。
いろんな所行ったけどまぁここかねぇ〜と。良い情報いただきました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
c0289939_9581526.jpg
そろそろおじさまは帰る様です。急いで凧を返そうとすると…
「その凧はあなた達にあげますよ〜(^^)」と言って車に乗って帰っていきました!

…凧師匠!おじさまを師匠と呼ぶ事にしました。ありがとうございます、師匠!
もう、素敵な出会いに楽しくなった私たちはさっそく凧揚げ開始。
阿部さんのマイ凧、ルルル凧と競演させます!
c0289939_1083451.jpg

師匠の凧はタコのように足が沢山。二本の骨がしっかりしてて、風をすぐにキャッチ。
これは今後の凧作製に役立ちそうです。3つの穴も安定のポイントかな〜

c0289939_1385447.jpg

すごい!どんどん高くあがります!
師匠は「コツはないですよ、簡単にあがるから」と言ってましたがその通り。

c0289939_1315717.jpg
ルルル凧を持って阿部さん走る…
c0289939_13215977.jpg

何度か粘って見事な競演です!!!
c0289939_133418100.jpg

c0289939_13343986.jpg

秋空に高くあがるルルル凧と師匠凧です。道行く方も見上げてくれて、なんだか嬉しい。

c0289939_10205022.jpg

こんな晴れた風のある日は「凧日和ですね〜」が凧部の挨拶です。

それにしても師匠凧は良くあがるなぁ。安定感も抜群なので、座ったり寝転んだりしても大丈夫。
c0289939_1338166.jpg
阿部さんベンチで休憩しつつも凧をあげ続けます。
あまりにも簡単にあがるので「凧あげしながらゴハン食べれるな」「いや、着替えもいける」
「むしろ凧あげしながら生活できるじゃん!」と凧部の妄想はふくらみました。



この日のベストショットはこちら↓↓↓
c0289939_10284298.jpg

夕日と阿部さんと師匠凧。
大満足の一日となりました。楽しかったな〜
c0289939_1337399.jpg

帰る頃にはすっかり日も傾き私達の影もこんなに長くなってました。


この後は上古町に移動してルルルミーティングです。
c0289939_10325417.jpg

アーケード内でもあがるかチャレンジ…さすがにあがりませんでしたが、師匠凧を自慢しながら歩きました。ミーティング後の飲み会でも凧のアピールは続きます。小出店長も凧に興味ありです。いいぞ、いいぞ。


どこかで赤い凧とルルル凧があがっていたら間違いなく私達です!その時はぜひ声をかけてくださいね〜 一緒に凧揚げしましょう(^^)
10月6日には白根凧フェスティバルも開催されます!面白そう!!
ルルル凧部の次なる目標は連凧作り!そして目指すは白根大凧合戦です!
[PR]
by lululu-niigata | 2013-09-27 10:56 | 日々のルルル

山口晃展、人気グッズランキング♪

こんにちは、阿部です。
本日は山口晃展の人気グッズランキングを発表します!
c0289939_1054799.jpg
山口晃展では展示を見た後に、ゆっくりミュージアムショップを見て回るお客さまが大勢いらっしゃいます。
お店にある関連商品は、山口さんの作風同様、じっくり見たくなる面白さがあります♪
あれこれ欲しい物が沢山あって、迷っちゃう!そんな時でもルルルは長居大歓迎ですよ^^

新潟ではどんなグッズが人気なのでしょうか?
ポストカード、オリジナルグッズ、書籍の3部門に分けて、それぞれの売上数トップ3を紹介していきます。

まずはポストカード部門から。

ポストカードは京都の便利堂さんが制作しています。
普通サイズのはがきは全20種類、長型はがきは全9種類。その中で一番人気なのはこちら!
c0289939_0201375.jpg
第1位 「百貨店圖 日本橋三越」 105円
こちらの作品は新潟展で展示されてます。「新潟市美術館で実物を見た!」という記念になりますね。

c0289939_0244031.jpg
第2位 「子の字引留行形柱」 105円
同じ柄のクリアファイル(420円)やA4額絵(525円)も人気商品です!
山口さんが描く電柱は、一度見ると忘れられない美しさがあります。
ルルルオリジナルTシャツの中でも、電柱柄は一番人気なんですよ♪

c0289939_0253060.jpg
第3位「百貨店圖 日本橋 新三越本店」 105
ルルルで人気No.1に選ばれた三越のはがきが、3位にもランクイン!
三越のはがきは2枚セットで買われるお客様が多いですよ。


続きまして、新潟限定のオリジナルグッズランキングを紹介します。

一体どうして新潟では、Tシャツやマグカップなどのコラボグッズが生まれたのでしょうか。
そのあたりの制作秘話は小出店長がヒッコリーのブログで熱く語っています。
気になる方は、コチラをクリック!

オリジナルグッズはルルルのブログでも度々紹介してきました。
こちらもぜひご覧ください^^
・オリジナルTシャツ!!!山口晃 展 限定
・新潟限定、山口晃展オリジナルグッズ
・山口晃展オリジナル手ぬぐいとすずしろ日記+新商品予告!
・続!新潟限定、山口晃オリジナルTシャツ
・トートバッグと日本建築集中講義

オリジナルグッズの中で圧倒的に人気なのはこちら!
c0289939_0261529.jpg
第1位「ポチの手ぬぐい」 1260円
手ぬぐいの絵柄は山口晃さんによる描き下ろしです。可愛い犬柄は老若男女に大人気!

c0289939_0264240.jpg
第2位「サイダー(ル・レクチェ味) すゞしろ日記」 480円
新潟の洋梨、ル・レクチェ味のサイダーはお土産に喜ばれています。
パッケージは山口晃さんのエッセー漫画集「すゞしろ日記」の一節を使用しています。
一位に選ばれた手ぬぐいのポチも登場する「すゞしろ日記」は、山口さんってどんな人?
と思った方にピッタリの一冊ですオススメです。ゆるいタッチの漫画は本当に面白いです!
(ちなみに私はすゞしろ日記を読んで、山口さんの人柄に惚れました♡)

c0289939_0271037.jpg
第3位「メモ帳  百貨店圖 日本橋 新三越本店」 260円
ポストカードの絵柄でも人気の三越は、メモ帳になっても人気です!
お求めやすい価格なのも嬉しいですね。

ルルルで制作した山口晃展オリジナルグッズは、オンラインショップでも買うことが出来ます♪
会期後も店頭とオンラインショップで販売いたします。
どれも数量限定ですので、気になる方はお早めにどうぞ。


続いて、書籍部門の人気ランキングを発表いたします!
c0289939_0274134.jpg
第1位「山口晃 大画面作品集」 3,990円
今回の展示の図録代わりとして、ルルルでは大画面作品集をオススメしています。
ずっしりとした、大きな作品集なので見応えがありますよ~。

c0289939_0281151.jpg
第2位「ヘンな日本美術史」 1,890円
こちらの書籍は、会期中に第12回(2013年)小林秀雄賞に選ばれました!!おめでとうございます。

c0289939_0284675.jpg
第3位「山口晃 作品集」 2,940円
1位に選ばれた大画面作品集とこちらの作品集、どちらを買おうか迷うお客さま続出です!
透明なケースに入っているので、お部屋に飾るのもいいですね。

人気の書籍三点は、ルルルのブログでも紹介しています。
山口晃さんの作品集
『山口晃展』あと一週間!

最後におまけ
c0289939_029186.jpg
お店ではこのようなポップで展示作品や、残り僅かな商品をご案内しています♪
ご来店の際はぜひ探してみてくださいね。
[PR]
by lululu-niigata | 2013-09-25 12:22 | 企画展情報

ルルル!夏の思い出!

こんにちは。佐藤です。
朝晩すっかり涼しくなりましたね~。
日中も過ごしやすくなってうれしいです。^^

秋は気候もちょうどいいし、食べ物も美味しいし、いい季節ですよね! 
月に2回ほどルルルでお店番をしている
ヒッコリーのはるかさんも、秋が一番好きだと言っていました。
私も秋すきです。おいしいものがあるのが嬉しいです。
この前食べた紫芋のアイスおいしかったなぁ。
今年の秋も美味しいものたくさん食べたいです!\^o^/


はい。
今日は商品紹介ではなく、最近のルルルのお話です。

先週の土曜日、新潟市美術館、北方文化博物館、ルルルのスタッフで花火をしてきました!
夕方頃から集まり始めて、みんなで海の家でお酒を飲みながらわいわい。

新潟市美術館ちかくの文化施設なのでご近所さんではあるのですが、
普段なかなかゆっくりお会いする時間がないので
今回はたくさんお話出来て楽しかったです^^

真っ暗だったのでよく見えませんが
こちらが花火の様子~!

c0289939_1734051.jpg

c0289939_1733788.jpg

c0289939_1744516.jpg


なかなか火がつかない
c0289939_1745383.jpg


火がつくとちょっと嬉しい
c0289939_17568.jpg




こんなにたくさん今日で終わるかなーと思っていましたが、
皆さん両手に2本持ち!だったりと
ワーワーはしゃいでいるうちにあっという間になくなってしまいました!


阿部さんと小出さん。
c0289939_15263825.jpg

小出さんは海パン、阿部さんはビーサンと、準備がいいですね。


花火したり海に入っちゃったり
大人になっても海や花火はテンション上がっちゃいますね~
たのしかった~^^


そして
最後にみんなで記念撮影!
c0289939_1765491.jpg

私の後ろに並んでいる小出さんにずっと転ばされそうになるのを耐えている写真です。
私は耐え切れていませんね。

c0289939_1748068.jpg

↑ちなみにこの時も足で倒されそうになってます。


新潟まつりの民謡流しに引き続き、
新潟市美術館、北方文化博物館のみなさんと
たくさんお話ができてすごく楽しかったです^^

北方文化博物館の伊里さん、
企画・写真のご提供ありがとうございました~!

楽しい夏の思い出になりました◎
みなさま、ありがとうございました!
今後とも、どうぞよろしくお願いします^^

--------------------------------------

ルルルのスタッフも夏の思い出を紹介しているので
ついでに私も夏の思い出を少し。

と言っても本当に最近の事ですが…
先日、ブログでもちょっと紹介した、
私のジャズの先生のライブ行ってきました~^^

今回は砂丘館や村上でも演奏をされたそうですが、
私はジャズフラッシュというジャズバーでのライブに行ってきました!

久しぶりに先生の演奏が聴けて嬉しかった!です!

ライブに集中し過ぎて全然写真が撮れなかったので
去年撮ったジャズフラッシュの写真を…
c0289939_1795671.jpg


この写真は、
セッションに行ったら日にちを間違えていて
誰もいなかった時のです。
マスターと新潟のジャズについて話して帰ってきました~。
最近は全然セッション行ってないですね…


ちなみに先生は、横浜の方なのですが、
新潟にちなんだアルバムも出しています。
「越後組曲」というCDで、中越沖地震の復興応援で作ったものだとか。
c0289939_1543463.jpg


横浜在住の先生が新潟の曲を書いていることや
横浜でお世話になった先生と新潟で一緒にお酒を飲んでいることが
なんだか不思議で嬉しかったです。

そんな感じで、少しの間でしたが、
先生の演奏も聴けて、
ジャズフラッシュの方や
ギターのファビオさんご夫妻と飲みに行ったりもできて
嬉しい時間を過ごせました!

ライブに行くとやっぱり音楽がしたくなりますね~。
この秋は、大好きな食べることと音楽を楽しみたいです。
今日もアイス買って帰ろう。


以上、花火と夏の思い出でした~~
今年も楽しい夏でした!


山口晃展は9月29日まで!!!
まだいらしていないかたはぜひ!!



それでは!
[PR]
by lululu-niigata | 2013-09-23 15:21 | 日々のルルル

山口晃掛軸の紹介と思い出の京都

こんにちは〜関です。

美術館向かいの西大畑公園の木々が色付き始めました。
先日の中秋の名月。とーってもきれいなお月様でしたね〜
穏やかな秋も良いですね◎
食欲の秋とはよく言ったものだと自分の食欲が恐ろしくなります…
夜中のアイスがやめられない…



今日は山口晃さんのアイテムよりこちらの掛け軸2種をご紹介です↓
c0289939_11492419.jpg

か、かっこいい〜


まずはこちらから。
c0289939_11532819.jpg

摩利支天像(コロタイプ複製) 189000円
2008年の作品です。「戦国武将に信奉された陽炎の化身の摩利支天です。単彩でゆらめくように描きました。」と作品集でも紹介されています。優しい柔らかい筆使いで描かれた作品ですがバイクのハード感はやっぱりかっこいい!そしてなんだか表情は凛々しくも色っぽいです。

c0289939_1513290.jpg

アップで見てみましょう…
この柔らかい感じ、伝わるかなぁ。こちらはコロタイプという技術で複製されたものです。

掛軸の製作は創業明治20年の京都便利堂の職人さんによるもの。
コロタイプとは19世紀中頃にフランスで発明された、顔料による写真印画技法です。コロタイプの特徴は写真をそのまま版に使うことによって再現できる繊細さ、豊かさ、なめらかさ。
製版と印刷どちらにも非常に時間がかかり、高い技術を必要とする技法で、便利堂さんは創業以来伝統の技を伝承し続けています。
単色刷りが当たり前だったこの技法、独自の技術によって多色刷りコロタイプを開発し、日本で唯一多色刷りコロタイプの技術を持っています。これってなかなかすごい事です! …私のつたない説明ではそのすごさ伝わりきらず。
詳しくは便利堂さんホームページをどうぞ!多くの国宝などの修復、複製も手がけられています◎




お次の紹介はこちらの掛け軸↓人気の作品です。私も好きです。
c0289939_11542476.jpg

五武人圖(コロタイプ複製) 105000円

2003年の作品『五武人圖』は今回の展覧会で展示もされています!実際の作品は170×60cmが5枚と大変大きく迫力あるもの。展示室でも存在感抜群で「おおっ…!」となります。墨で描かれた線は繊細ながらも力強く、とってもかっこいい!
c0289939_1534477.jpg

c0289939_1563329.jpg

弓矢に鉄砲、刀を持った武人…そして指揮官がなんともイケメン!!!凛々しい表情にやられます。阿部さんもこの作品(というかイケメン)のファンだとか。顔が骸骨の武人はメカでできてますね…腕はとれてメカ部分むき出しに…


こちらの掛け軸、なんとマグネット式で自由にレイアウトが組めちゃいます!5枚の短冊には薄い鉄板が埋め込まれていて付属のマグネットで掛け軸の裏から留める、という仕組み。なので動かして並べ替えたり、あえて1枚で飾ったり、色々楽しめちゃいます。
c0289939_11551873.jpg



掛け軸二種はそれぞれ専用桐箱に入れてお渡し、それぞれ限定50部の商品です!
c0289939_15143233.jpg

c0289939_15161767.jpg

桐箱には山口晃さん直筆サイン!とシリアルナンバー(50分の◯)入り。ご注文頂いてから、京都の職人さんが一点一点仕上げます。なのでお届けまではお時間かかります。詳しくはスタッフまでどうぞ。


c0289939_1517028.jpg

『摩利支天像』はがき 105円
『五武人圖』長型はがき 157円
こちらのはがきシリーズ大人気です!まとめ買いできちゃう値段が嬉しいですね~◎

気づけば山口晃展も残す所あと一週間となりました!ヒッコリーのブログでは小出店長が山口晃展を紹介してますよ!ぜひご覧ください~


今回のグッズでは版画や京都便利堂さんの印刷技術など、日本の技術ってすごいな~と改めて感じることが多いです。
2年前に行った京都でもたくさんの国宝を見て同じことを感じた事を思い出しました…
思い出の写真たちです↓

c0289939_15184020.jpg

嵐山渡月橋。この前の台風ではこの付近も大きな被害をうけたようで…
私が行ったのは11月の初め。紅葉には少し早いかな~、な時期でした。それでもこの風景は美しく、何枚も写真を撮りました。


c0289939_152032.jpg

天龍寺では有名な天井絵も見れて大満足。手入れの行き届いた庭園はただただ眺めていたくなります。早朝などタイミングが合うと庭師の方の仕事も見れて面白い。


c0289939_15213760.jpg

c0289939_1157524.jpg

紅葉が有名な東福寺です。こちらでは頭に手拭いを巻いた庭師の方が一生懸命剪定と落ち葉掃きをしていました。昔ながらの竹箒を使っていて、それもなんだか絵になって素敵な風景が見れました。風が吹けばやり直しです。「地味な仕事だけど大事なんだよね~」と黙々と掃除を続ける職人さんたち。皆さん優しかったな~


c0289939_15231131.jpg

京都は有名なお菓子屋さん喫茶店も沢山。ずっと食べてみたかった出町ふたばの豆大福!豆の塩味とあんこの甘さとなめらかな餅が超~美味しい。季節限定の大福もあるみたい。この時はたしか栗大福でした。あ~また食べたい…やはり食欲の秋ですね。


私の憧れだった恵文社一乗寺店
c0289939_1524374.jpg

左京区一乗寺にあります。ちょっと遠いので電車でのんびり向かいました。一乗寺駅降りてすぐ、この看板を見つけて一気にテンションアップです。京都に行ったら絶対に行こうと決めていたお店。本屋さんですが広い店内には書籍だけでなくセンスの良い雑貨、食器、文具や衣類など所狭しと並んでます。
一日中いれる!いや、ここに住める!と言いながらお買い物しました。一乗寺は雑貨屋さんやカフェ、あとはラーメン屋さんも沢山あったな~  


ライトアップでとってもきれいな京都タワー
c0289939_1157301.jpg

京都タワービルの地下には昔ながらの銭湯があります。私はいつも京都に行くときは節約のため深夜の高速バスで向かいます。到着は早朝5時…  この銭湯は早くからやっているのでお風呂に入ってさっぱりしてから京都を楽しめてとっても良いです◎
京都駅近くには美味しいラーメン屋さんもあります。第一旭たかばし本店宿近くの銭湯で一緒になったおじちゃんが「第一旭は行っとけ!」とかなりのオススメ。朝までやっているお店なので朝ごはんにラーメン、って人も多いらしいです。


大阪も行きました。
c0289939_15255573.jpg

c0289939_15264465.jpg

大阪城とたこ焼き。大阪城の敷地の広さに驚きでした。
楽しかったな~また行きたいな~  そしてたこ焼きが食べたいです。
[PR]
by lululu-niigata | 2013-09-22 13:57 | 企画展情報

『山口晃展』あと一週間!

気がつけば9月も終わりに近づいてきましたね!
今日のお昼はあべさんにレジャーシートを借りて一人公園でピクニック?を楽しんだワタナベです♪
c0289939_1424337.jpg

青空♪
c0289939_187245.jpg

c0289939_18101138.jpg

c0289939_18105472.jpg

ねこにもたまに出会えます!

さて、新潟市美術館での『山口晃展』も29日まで(^o^)/あと約一週間となりました!
ご覧になっていないかたお早めに!!


今日はまず山口本のご紹介です!

祝!小林秀雄賞受賞♪
『ヘンな日本美術史』祥伝社(1890円)
c0289939_18443936.jpg


新潟市美術館で展示期間中の受賞ということで、本を手に取るかたがぐっと増えました!

こちらの山口さん流画論、ヘンな日本美術史。フムフム!へぇー!あはっ!と読めます(^-^)

一度は誰しも教科書などでみたことのある昔の絵をよみとく。
私にとってはへぇー!ばかり。

学生時代に習ったことは一部分だったんだなぁと改めて思えました。自分が興味を持っていなかっただけなのかもですが...本当にもったいない。

この本で、はじめにでてくるのが【鳥獣戯画】
これは誰でも一度はみたことがあるのではないでしょうか?
c0289939_1441290.jpg

こちらは『ヘンな日本美術史』より
c0289939_1442215.jpg

こちらは中学のときの教科書より

この絵巻にでてくるうさぎやカエルなどがユニークに描かれていて、なぜかわからないけれど妙にひかれる絵。でもこれは甲乙丙丁からなる四巻の絵巻の甲の一部。

この鳥獣戯画を山口さんは「実はすきじゃなかった」といっています。「上手でございます」ぶりがやや退屈に感じられるとも。

でも実物を目の当たりにして目から鱗がおち...ここからは本で!

またこの鳥獣戯画の作者、時代...それぞれ考察しています。どういったところが作者を見分けるポイントかなどもかいてあって、絵をかかれる山口さんだから言えることも多数!お笑いまんが道場に例えちゃう部分もあり、クスッ。

次に『伝 源頼朝像』
c0289939_1472332.jpg

↑こちらは上は私の中学のときの教科書から、下はヘンな日本美術史から。
今回新潟市美術館では『頼朝像図版写し』が展示してあります!

こちらの元になっている『絹本着色伝源頼朝像』は京都の神護寺が所蔵、国宝に指定されています。
なぜ伝とついているかというといつからか足利直義ではないかと言われるようになったからだそう。しかし色々な意見があり載っている本によってついていたりなかったりしているとのこと...フムフム。

私、山口さんのこちらの展示2回みているのですが、もっとしっかりみればよかった!と思えた作品なんです。
なぜかといえば、ヘンな日本美術史をよんだから。

山口さんはこちらの実物をみてがっかりしたそう。こどものころから本で何度もみていたものとあまりにもちがったそうで...

この経験を元に『頼朝像図版写し』と題した色調の異なる二冊の図版の頼朝像をそれぞれ模写するという作品を描いた。

元来あった場所の光などの環境の違いを感じながらトータルでみていく面白さを感じたからこそ、この作品が出来上がったよう...そのあたりも注目しながらこの作品をみていただきたいです。

山口さんのこの作品の素材にもぜひ注目してください!!←私はこのことにみたあと目録?で気がついて、あぁっ(T-T)となったので。

この他、『ヘンな日本美術史』には「洛中洛外図」についてなどなど...盛り沢山です!ぜひごらんください!

さて、仏像好きの私のオススメ!
c0289939_1455978.jpg

新潟市美術館とのコラボグッズ
『千躰佛造立乃圖』より
スギのアロマミスト(1580円)、スフレ缶(980円)、全体がのっている長型ポストカード(157円)の三点!

こちらは元々はブルータスの仏像特集のためにかきおろしたもの。木をベルトコンベアーのようにして流れ作業で仏像をつくっている架空の様子が描かれています。

このように流れ作業で車をつくるように仏像がつくられていたら...想像が膨らみ...ニヤニヤ。

あとは、仏像のポストカード...『摩利支天像』105円こちらもはずせません!
c0289939_1463569.jpg


本当に後悔しないためにも、『山口晃展』ぜひお越しください!

そしてミュージアムショップルルル♪も覗いてくださいね!
[PR]
by lululu-niigata | 2013-09-20 17:37 | 企画展情報

山口晃さんが描く、東京の風景

こんにちは、阿部です。

祝!2020年東京五輪開催決定!! にちなみまして、
本日は山口晃さんが描いた「東京にまつわるもの」をどど〜んと紹介します。
どれもルルルで販売している商品です。

東京と言えば?まずはこちらっ!
c0289939_15482259.jpg
「新東都百景 東京タワー」
(左)クリアファイル 420円
(右)はがき 105円、ウェーブ型はがき立て 1,260円

2010年に制作された東京タワーは、ただの模写ではありません。展望台には瓦屋根が取り付けられ、タワーの下の施設も日本風。クリアファイルは背景が黒なのでとてもカッコイイ!ファイルとハガキはセットで買われるお客さまが多い、人気商品です。はがきは、東京タワー好きの友達に送ったら喜ばれますよ。自分用に部屋に飾る場合は、木製のウェーブはがき立てがオススメです。(私のお気に入りの組み合わせ)

東京といえば?つづいてはこちら!
c0289939_15493398.jpg
「新東都百景 東京駅改装案 其の一」
A4額絵 525円

2012年に3階建ての赤レンガ駅舎の復原され、話題になった東京駅。
山口晃さんは2010年に東京駅改装案を描いてました。方眼紙を使っているのも良いですね。
山口晃大画面作品集にも掲載されています。A4額絵は額に入れるとこんな感じになります↓
c0289939_15504913.jpg
か、かっこいい〜。そういえば東京オリンピックに合わせて、羽田空港と成田空港を東京駅の地下で繋げる新路線計画があるそうですね。復元された東京駅を見て「お〜」と言っていた私ですが、地下に新東京駅をつくるなら、ついでに外観を山口風にする予算も欲しいなぁ。

東京オリンピックといえば、こちらの作品↓
c0289939_15533377.jpg
「新東都名所 東海道中 日本橋 改」(にほんばし あらため)

額に光が反射して見えにくいのですが、山口晃さんが描く新しい日本橋です。日本橋といえば、上に首都高が走ってます。日本橋を歩くと、ここは未来都市か?と思うような風景で...。当時の感覚って凄いですね。今は景観にそぐわないので首都高を撤去しよう!という動きがありますが、もともとは1964年の東京オリンピックに合わせて建設されたもの。首都高を撤去にないで新しい日本橋を掛ける山口さんの発想はかなり斬新!7年後にオリンピックに向けて造られないかしら〜。

この日本橋の絵、実は木版画なのです!2012年に開催された「日本橋-描かれたランドマークの400年」展を記念して、アダチ版画研究所で制作されました。こちらの動画で制作現場を見るが出来ます。

職人さんたちの技術は本当に素晴らしいです。一色一色丁寧に色を摺り重ねているので、実物は写真で見るより凄いです。色と線に深みがあるので見とれてしまいます。限定150部で制作された貴重な浮世絵なのですが...今回特別にルルルで販売しています。ご来店の際はぜひ浮世絵にもご注目ください♪

山口晃さんが描く東京にまつわるものは、まだまだあります。
c0289939_1555876.jpg
「山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈」 1,575円

本郷東大界隈の風景が描かれたポストカードが24枚付いた、ポストカードブックです。本郷周辺は坂道が多いので、散歩好きにはたまりません。この本を持って散策しに行くのもいいですね。もう少し涼しくなったら、実際に歩きに行こうかな〜。
c0289939_15581649.jpg
なぜ東大がテーマなのかというと、東大出版会が出している本だから!
山口さんが描く東大の構内や周辺はちょっと変わっていて、あの赤門には巨大な提灯がぶら下がっています。なぜ?と疑問に感じたら、山口晃さんのエッセー漫画「すゞ しろ日記」をご覧下さい。69ページに制作秘話が載ってますよ。
c0289939_16113822.jpg
ハガキは少し大きめなので80円切手を「ぺっ」と貼れば送れます。
切手を貼る箇所に描いてある自画像...かわいいなぁ。(また私の中で山口さんの好感度が上がった)
送るのが勿体ない場合は、保存用と合わせて2冊どうぞ!

「山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈」 はこんな作品も収録されています。
・公共広告機構マナー広告「江戸しぐさ」の為の原画
・成田国際空港 飛行機百珍圖
・成田国際空港 南ウィング盛況の圖
・伊藤若冲「斗米庵双六」
・東京圖 神田神保町
・水戸名所 偕楽園

ルルルには「江戸しぐさ」のポストカードと関連書籍がございます。
c0289939_1604121.jpg
公共広告機構マナー広告「江戸しぐさ」の為の原画より
(左上)「感謝の目つき」「束の間つきあい」 105円 
(左下)「傘かしげ」「こぶし腰うかせ」 105円

(右)「絵解き江戸しぐさ 今日から身につく粋なマナー」 1,050円
「絵解き江戸しぐさ」は、山口さん作品「階段遊楽圖」が表紙絵に使用されてます。挿絵はいさは遊さんです。「江戸しぐさってなんだろう?」と思って読み始めると、今すぐ使えそうな粋なマナーが満載です!。江戸に生きた人々の経験、知識、知恵、行動、考えなどがわかりやすく解説されてます。

山口晃さんが表紙を手がけた本を、もう一冊ご紹介。
c0289939_1613041.jpg
寺田悠馬著『東京ユートピア 日本人の孤独な楽園」 1,260円

16歳で単身渡米、コロンビア大学を卒業後、ゴールドマン・サックス証券にて不動産および不良債権の自己勘定投資に従事、その後、香港のヘッジファンドに転身した著者。「金融業界の門をくぐって以来、日本と海外を往来するなかで再発見した日本社会は、7年前にニューヨークで想像した以上に素晴らしい高品質な場所であった」──世界を駆ける若き日本人から眠れる母国に贈るメッセージ。

山口晃さんがどのように内容を読み込んで、装画を描いたのか?想像しながら読むのも良いですね。


そういえば!ルルルでは日本橋の浮世絵以外にも、日本橋三越や六本木の絵も販売しています。
作品集で見るよりも巨大なサイズなので、細かい部分までじっくりのんびり観察できますよ。
見るのはタダです~。ぜひお気軽におこしください♪
[PR]
by lululu-niigata | 2013-09-14 12:46 | 企画展情報

わたしの夏休みと日清日露戦役擬畫

こんにちは~
関です。

遅めの夏休みを満喫してきました!
c0289939_14462490.jpg

佐渡で一泊。
渋~い民宿に泊まりましたが朝起きてすぐそばの海を眺めているとなんとたらい舟が…!
私はたらい舟で有名な矢島経島に泊まっていたのです。
なんとも佐渡らしい、昔話に出てきそうな風景が見れました。
佐渡は時間がゆっくり流れている感じ。そして皆さんとっても優しく声をかけてくれるので居心地良かったです。

c0289939_14471642.jpg

海っていいなぁ~って思い、リニューアルしたマリンピア日本海もいってきました(^^)
カメが可愛かったです。日曜日に行ったため大混雑…そろそろ落ち着きましたかね?
とってもきれいに、かっこ良い水族館になっていましたよ。
ちょっと地味ですが信濃川の川魚コーナーがけっこう好きです。
水族館そばのジェラート屋さんポポロさんも外せませんね~
アイス美味しい~ 鉄板コースです。



山口晃展は今月の29日までの開催です。
お客様の中には何度もご覧になった方もいらっしゃるようです!
ずーっと見ていたくなる、山口さんの世界に私はうっとり。
読み物もじわじわ、クスっときちゃうユーモア溢れる文章にうっとり。
先週土曜日は山口晃さんによるトークショーも開催されていたんですよ~
とっても面白かったそうです。いいですね~

まだまだ紹介していない、グッズございます↓↓
c0289939_14474576.jpg

日清日露戦役擬畫シリーズ
こちらは2002年に東京のナディッフギャラリーにて展示されていたシリーズ。
こちらのシリーズ、旗艦三笠や日本巡洋艦吉野、商品としては無いのですがコサック兵などが描かれています…

気づく方も多いでしょうか?こちらは司馬遼太郎の「坂の上の雲」に影響され描かれたものたちなのです。
日露戦争について調べ資料などから書き起こしたと思われがちですが違います。と過去のインタビューで話されていました。
文章からの情報で書き起こしたんだそう。
山口晃的、読書感想文ならぬ読書感想絵という感じでしょうか?
ちょうど坂の上の雲がテレビドラマ化され放送されていた2009年〜2011年の期間にも個展開催をしていたようでこちらのシリーズは反響も大きかったようです。
(このドラマ、3年も続いたんですね~ スタッフ阿部さんいわく映像、音楽、キャスト共にとっても豪華だったとか…‼気になります。)


c0289939_14483445.jpg

日本巡洋艦吉野は手ぬぐいに!
わたしの友人はこちらに一目惚れしたとお買い上げでした。
こんな感じに額に入れて絵のように飾るのも良いですね〜

c0289939_1450112.jpg

二十八サンチ砲はA4サイズの額絵に!
旗艦三笠は長型のはがきになりました!
阿部さんはこの三笠を見て「こ、これは…!あのドラマの!」となったそうです。
山口さんもドラマ見てたかな⁇やっぱり私も見ようかな〜
…すっかりファンになりました(^^)



c0289939_1451651.jpg

長型はがきは157円。
小さくても迫力が伝わりますね〜
繊細な線と書き込みはとってもきれい、そしてかっこいい。
迫力ある雰囲気は男っぽい感じがしますが、実際は女性のお客様に人気かも。
セピア調の色味はなんともお洒落。飾っておいても素敵ですね。


c0289939_1452287.jpg

フランス重騎兵は和紙クリアファイル、スケッチブック、はがきになって登場です。
馬型バイクに乗った重騎兵…後脚やこれは尻尾⁇など限りなく馬なバイクです。見入っちゃいます。
特に和紙クリアファイル525円が人気です。
和紙加工なのでさらりとした手触り。和紙の風合いで日本画のような雰囲気もあってとってもかっこいいんですよ〜(日本画とは…?となったらワタナベさんの記事へ!)




フランスといえば…
c0289939_14542297.jpg

先日初のホームパーティを開催!我が家がワインとご馳走で埋め尽くされとっても幸せなひとときでした…(^^)ワインはボルドー、チーズもフランス産を友達が用意してくれて美味しかったな〜

今度はおフランスホームパーティがしたい…ルルルの皆さん招待しますね♪



そして、新潟市美術館では11月2日からは「オディロン・ルドン -夢の起源-」が開催されます!
19世紀末のフランス象徴主義を代表する作家ルドンの新潟初となる個展です。
こちらもぜひ、お楽しみに〜!

関でした!
[PR]
by lululu-niigata | 2013-09-12 14:00 | 企画展情報

新潟市美術館コレクション展Ⅱ『ニッポン・画はどこにある?』をみてきました!

こんにちは!
最近、朝晩寒いくらいになってきましたね。
秋のこの時期はとても過ごしやすいのでうれしいワタナベです(^o^)/
新潟はこの過ごしやすい季節が短いので大事に過ごさないとですね。

さて題名にあるのは現在行われている『山口晃展』と一緒にみていただきたい、新潟市美術館のコレクション展Ⅱ『ニッポン・画はどこにある?』 です。
c0289939_11242596.jpg

私も、つい最近ようやくみることができました。

以前から、新潟市美術館に行くたびに常設展も一緒にみていましたが、今回久々に入ってみると以前鑑賞してものとはかなり違っていました。(今回のコレクションには関係ないですが、実はマグリットなどが昔から好きで・・・新潟市美術館にあるその作品を目当てにいっていたのもあります。また、新潟出身の写真家牛腸茂雄さんは新潟市美術館コレクションがきっかけでファンに!←今回はありません。)


日本画とはどういうものなのだろう?・・・

そのように聞かれると説明できない。イメージでしかなく・・・水彩画や水墨画、日本らしい絵のことをいう?
まずここで悩んでしまいました。

初めのコーナーに書いてあった説明が『岩絵具。紙や絹。そして毛質。』これは国語辞典にある日本画の定義だそうで、洋画との対比の必要から作られた便宜的な言葉・・・新語「日本画」の誕生は明治前期にアーネスト・フェノロサの講演録で5つの定義を与えたというもの・・・

この展示ではこの5つの定義を一つずつ提示し、それにあてはまる作品を日本画だけではなく、日本画以外のものや時代、作者など関係なく展示してあります。「あてはまらない日本画」「あてはまってしまう油彩画」どれがいわゆる日本画なのか悩む・・・(よくみると日本画の方が少なかった!)

それぞれその作品を簡単な説明だけではなく、作者が作品とどのように向き合って描いたのかなども踏まえていたり、年代の違う同じ作者の作品の比較などあったりと、とてもわかりやすく興味深くみることができ初心者の私も面白かったです。

なんとなくみるのも苦手意識のあった日本画。
こんな風に探検するような・・・迷路に迷い込んだような気持ちで鑑賞でき良かったです。


写真もなくうまく説明もできなかったですが・・・とにかく行ってみてください!
山口晃展をやっている今、ご覧になっていただきたいコレクション展です!

私以外にも小学生の男の子たちが数人でみていて作品や説明をじっくりみている姿が印象的でした。
その子たちは山口晃さんの展示のところでもあいましたがここでも楽しそうに鑑賞していました^^


山口晃展の観覧券を購入された方は、コレクション展もみることができますのでぜひ一緒にご覧いただければと思います!

コレクション展は山口さんの展示が終了するより早い、9月23日(月・祝)までの展示です。お間違えなく。


また館内にある市民ギャラリーでも毎回興味深い展示がありますよ!
この間までやっていた仏像展(仏像彫刻教室作品)はかなりはまってしまいました。
そのことはまた機会があれば・・・


さいごに。
ミュージアムショップは日々変化(進化?)しています♪
山口晃さんとのコラボグッズなどはもちろん、新潟の若手作家さんのグッズや日々の生活を豊かにしてくれたり楽しくなるグッズ、そして本など・・・たくさんあります♪

ぜひぜひルルルにお立ち寄りください♪
[PR]
by lululu-niigata | 2013-09-09 15:03 | 企画展情報


2015年7月19日リニューアルオープン!! 新潟市美術館のミュージアムショップです。


by lululu-niigata

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のルルル
企画展情報
お知らせ
■店舗情報・アクセス

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月

メモ帳

2013年4月27日、新潟市美術館に念願のミュージアムショップがオープンしました。名前は「ルルル」。
hickory03travelersがデザインと企画運営をしています。
ルルル~、と軽やかに唄っているようなちょっとゆるくて、かわいい新潟らしいお店。ぜひ一緒に美術館で楽しみましょう!

新潟市美術館
ミュージアムショップ ルルル

メールアドレス
lululu@h03tr.com

ホームページ
http://kokagedelululu.com/

Facebook
https://www.facebook.com/lululu.niigata

Twitter
https://twitter.com/lululu_niigata

instagram @museumshop_lululu

オンラインショップ
http://lululu.thebase.in

ルルルスタッフおすすめ!
新潟島お散歩マップ
http://lululumap.exblog.jp

デザイン+企画+運営
hickory03travelers

■お問合せ■
新潟市美術館ミュージアムショップ ルルル
担当:阿部
TEL:070-6670-9334
MAIL:lululu@h03tr.com

事務所:hickory03travelers
TEL : 025-201-8427
MAIL : mail@h03tr.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
hickory03travelersの
ホームページはこちら
http://www.h03tr.com/

ブログはこちら
http://h03tr.exblog.jp/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

画像一覧

その他のジャンル

ルルルのつぶやき